人気がある

ネットで検索する

これまでストレージの記憶媒体はハードディスクが主流でした。しかし、現在は国産海外製を問わずオールフラッシュを記憶媒体としたストレージが発売され人気を集めています。従来の、主にサーバーの主記憶装置としてストレージにハードディスクを搭載する代わりに、フラッシュメモリーを搭載したものを利用することができます。オールフラッシュの価格面ですが、ハードディスクの単価が一定のレベルで高止まりしているのに対し、フラッシュメモリーは技術進歩が進むとともに大量生産が可能になり、経済性での利点が現れるようになりました。他の利点として、データ消去を行う際に、ハードディスクに比べ破壊処理、磁気処理を行いやすいというメリットもありま。

近年はオールフラッシュ仕様のストレージが増えています。主な利点は書き込み速度がハードディスクに比べ、格段に早いことです。ビックデータの活用や情報処理の高速化により、サーバーの情報処理に求められる速度は高まっています。しかし、これまでのハードディスクへの書き込みでは、ハードディスク内の回転速度やヘッド位置の物理的な移動速度が必要なため、一定以上の早さにはなりませんでした。オールフラッシュのストレージがでは物理的なアクセスが必要ないこと、ランダムアクセスが可能であることにより、書き込み速度が飛躍的に向上しました。フラッシュメモリーは電気が供給され続けないとデータが消失しますが、現在発表されている機種では数十年の記憶の保持が確認されています。